2018年06月10日

近年、羽田発PR深夜便でマニラへ。

羽田発PRとANAのシェアー便で本数も増えMANILAへのアクセスが非常に便利になりました。
深夜発早朝着便だと、1日プラスになった感じ、従来の朝発便だと1日がほぼ移動日
深夜便だとsabangには09時30分には着、移動中に睡眠ついて少し部屋で休んで
午後にはdiving。
KIMG1480.JPGKIMG1657 (003).JPG
実質、5日パターンで4日間、しっかりと楽しんでいただけます093_20170913093740 (3).jpgFB_IMG_1525091453216 (003).jpg
sabangでは1dive事戻ってきますのでインターバル中はゆっくりと日光浴、おいしい
フルーツ、ドリンクでもお楽しみください。
また、お帰りには午後便だと朝sabangを、もちろんチャーターBoat,Carで空港へ
07時30分発で。
または午前便でお帰りの場合は、最終日のdivingを早めにスタートし15時には
MANILAへ。
KIMG1705~2 (004).JPGKIMG1705~2 (004).JPG
KIMG1711~2 (004).JPG
1泊、最終日はカジノもあるHOTELでお泊りいただきます。
最新日発、前日発、料金はほぼ同じです。
マニラ湾観光、Dinerは久しぶりの日本食、韓国料理、ライブハウス。
お好みの所へご案内します。
ゆっくり楽しんでHOTELは06時30分ごろ出発、
空港へは30分ほどです。
お疲れさまでした。
posted by トーマス at 09:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

乾季の中の暑季、年間を通して一番暑くて湿気が少ない季節

サービスから3分ほどで沈船、この船は15年ほど前、水深30mの砂地に
沈められたのですが、今では数々の魚の住処になっています。
FB_IMG_1520043523983.jpg
ほかにも、沈船がありますが、すべて木造船、以前はそのままの形で
沈んでいたのですが、つぶれたりして形がわからなくなり住む魚もすくなくなって
来たこともあり、鋼鉄船を入れたのだとと思います。この船のおかげで、以前
他の船にいた魚たちも戻り、素晴らしいところになっています。中も探索
することができます。
122_20170913132036 (2).jpg
KIMG1557.JPG
ここサバンビーチでは近くに、初心者から上級者まで楽しめる場所が多く、また
1ダイブごとに戻って、インターバルをとれるため疲れも少なく、アフターダイビングも
ゆっくりと楽しんでいただけると思います。
KIMG1554.JPG
KIMG1547.JPG
私たちはすべてプライベートCar,Boatで送迎をしています。昼過ぎに空港に到着
されて2時頃発としても5時30分にはリゾートに入れます。お帰りも07時30分
に出て空港には昼前に着、また最近羽田からの深夜便をご利用のグループ様も
朝9時30分にはリゾートイン、さっそく1ダイブというパターンも。
FB_IMG_1522232709843.jpg
マー時間は有効にお使いください。にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングショップ・スクールへ
にほんブログ村
posted by トーマス at 10:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

乾季の今、太陽の下では暑い、陽が沈むと涼しくて最高の季節

今日はベルディアイランド(70mまっすぐな壁、反対側には素晴らしい
珊瑚礁、)ここへは35分ほどチャーターしたバンカーボートで向かいます。
KIMG1444.JPG
今回は3ダイブの予定で、午前中に2ダイブ、昼はBBQを楽しんで、ビーチで
遊び、たっぷりと休憩して午後1ダイブして15時ごろサバンへ戻る。
出発前に大まかなブリーフィングをして出発です。
KIMG1480.JPG
今、オリンピック中、ましてチャイニーズニュ―イャー前と重なり
ダイバーは少ない、ベルディも貸し切り状態。
ディナーはビーチサイドのレストランで、今日の感動しっぱなしの
話、明日のプラン、話しは尽きない。
KIMG1422.JPG
食事が終わり、ビリヤード8ボールで軽く頭の体操体操、
KIMG1435.JPG
少し飲み足らないのでカラオケへ、日本と同じカラオケルームも
ありますが今夜はステージもあるカラオケへ。
KIMG1478.JPG
調子に乗ってMY WAY、ちょっと飲みすぎ、騒ぎすぎたかな。
KIMG1475.JPG
夜はまだまだこれからゆっくり行きましょう。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングショップ・スクールへ
にほんブログ村
posted by トーマス at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする